男と女のお腹痩せダイエット奮戦記

無理なくお腹痩せを実現し、理想のスタイルを目指しましょう♪

【私のぽっこりお腹は今!?】

スカートのホックが壊れた!

私は専業主婦の25歳、女性です。私は学生の頃から部活動付けのスポーツマンでした。朝早く起き朝練をし授業を受け夜は8時まで部活動に取り組んでいて、周りからも羨ましがられるほどきれいな筋肉質の体型でした。

ですが、社会人になりスポーツとは無縁の事務のお仕事に就きました。一日中座りっぱなし、夜は付き合いで外食、次の日も仕事で早いので帰ってすぐ寝る。休みの日も友達とランチ。の繰り返しをしていました。すると数ヶ月するうちに、制服のスカートがきつくなってきているのを感じました。

まだ大丈夫だろうと思っていたときスカートのホックが壊れ、とうとうやばいくらい太ってしまったんだと自覚しました。その日から体重を量り、友達や上司の食事のお誘いもなるべく断るようにし、まず食事制限から始めました。

お金をかけずにダイエット

私はダイエットにお金をかけたくないと言うか、ジムに通うお金もなかったので自分のできるようなことから取り組んでみました。食事制限と言っても野菜を中心にお肉を減らし脂っこい物を減らし炭水化物も最低限の摂取量にしました。お昼もランチに行くのではなく自分でお弁当を作っていきました。

するとだんだんと体重は減ってきました。ですがスポーツや筋肉トレーニングをしていなかったので、残ったお腹や腕、太もものたるみが気になってきました。その日から食事制限にプラス腹筋や背筋スクワットも取り入れましたが、きつくて睡魔との戦いもあり、長続きしませんでした。

そこで、ネットでたくさんのことを調べてみました。すると「骨盤矯正」というキーワードがでてきました。骨盤矯正ベルトという物がありお店に見に行ってみると数千円し、これを買って継続できなかったらもったいないと思い、自宅に戻りネットで再検索しました。すると寝ている間に骨盤矯正!という記事を見つけました。

プールで有酸素運動

道具はクッションと髪ゴム。方法は、仰向けで寝る体制でアキレス腱あたりにクッションを置き、高く保つ。両足の親指を髪ゴムで止める。以上でした。これなら簡単そうだし、と思い早速やってみました。なんとなくですが腹筋に力が加わっているようで太ももの内側などにも力が加わっているようで、これは効果があるかも♪と期待して眠りにつきました。

起きてみると寝相が悪いせいかクッションも明後日の方向に行き、髪ゴムも消えてしまいました。せっかく体力的にもきつくなく、睡眠もしっかりとれる方法を見つけたのにっとショックでした。

また、ほかにも方法を検索し試してみましたが効果がありませんでした。
やはり自分だけの力だとだめなのかと思い、結局ちかくの安い水泳プールに通い有酸素運動を繰り返すうちにお腹が引っ込みました。
学生の時みたいに自分だけじゃストイックにもなれず甘えもででしまい周りに監視をしてくれる人が必要なのかなあと思いました。