男と女のお腹痩せダイエット奮戦記

無理なくお腹痩せを実現し、理想のスタイルを目指しましょう♪

【ロカボでカロリー計算】

20代後半の都内在住男性。職業は編集者です。

ダイエット前の生活習慣としては、食事に関しては朝を食べずに出勤し、昼は近くの中華屋さんやラーメン屋さん、お寿司屋さんなど気がむくままに食べ、夜は自炊で米を1.3合、主菜と副菜、椀もの一品に加えて果物を食べるような生活でした。

運動としては、出勤から退勤までの歩数は約10000歩。一週間でだいたい65000歩歩くのが通常運転という感じです。飲酒は週に平均2回。金曜日の夜と土曜日の夜はビールを中ジョッキで5〜6杯飲んでいました。嗜好品として紙タバコとコーヒーを毎日摂取します。

ランチ店探しに悩み

炭水化物を減らす、いわゆるロカボダイエットを決行しました。お昼はなかなか炭水化物を出さない店を探すのが難しいので、注文するときにご飯の量を気持ち減らしてもらうようにお願いしました。

自ずとご飯が茶碗で出てくるような店を選ぶようになり、定食屋さんなどに行く機会が増えました。また、自炊するときも、一食で1.3合のお米を食べていましたが0.7合に減らし、野菜や魚の量を増やすことで空腹感を覚えないようにしました。

さらに、やるなら徹底的にやろうと思い、栄養辞典を見ながら、ビタミンのバランスが整うように気を配りました。何気ない食事のなかで意外と摂りすぎてしまっている塩分の過剰摂取にも気をつけ、減塩の味噌や醤油を使うようにし、出汁をとるなどして塩分以外のところで味をつけるように気をつけました。

加えて、会社で仕事の合間に食べていたチョコレートやおせんべいのようなお菓子をイチゴやブルーベリー、トマトに変え、細かく栄養を補給するようにしました。体重は徐々に減少し、半年で4キロほど痩せました。

ロカボダイエットの良いところ

ロカボのいいところは、空腹感を感じずに体重を減らせるところです。また、米やパンなどの炭水化物のかわりに、野菜や果物などを増やすのでビタミンやミネラルなどの栄養のバランスも整い、肌の調子がよくなったり、体調が良くなるなど嬉しい副産物もあります。

鶏むね肉など、比較的廉価なタンパク質をたくさん取れば、筋トレの効果が現れやすくなる上に、食費も節約できます。私の場合は、ビールの量だけは減らさせず、毎週末に少し体重が戻る傾向にありますが、平日のうちに徐々に体重を減らしていって、一週間のトータルがマイナスになるように調整しています。

本当はもっとたくさんご飯を食べたい気持ちはあるのですが、現状では我慢するしかないかなと思います。運動量を増やせば食べられる量も増えるので、緩やかに体重を減らせる食事のラインを把握して、それよりも食べすぎてしまったときは運動する、あるいはたくさん運動したから今日は食べる、というようなカロリーの足し算引き算ができればいいかなと思っています。