男と女のお腹痩せダイエット奮戦記

無理なくお腹痩せを実現し、理想のスタイルを目指しましょう♪

【お腹周りのダイエット、始めるとすぐに効果を実感できる方法です。】

気になる体型

私は50歳代に突入した主婦ですが、もともとけしてやせ体型ではありません。でも、年齢のせいか、または生活習慣が以前よりもゆったりのんびりとし始めてしまったせいか、お腹周りの贅肉が急に大きくなってきてしまいました。

贅肉で太って見えるのはもちろんですが、お腹周り贅肉が増えてくると、腰に負担がかかってきてしまいます。そして、座っていてもお腹周りの贅肉が邪魔で姿勢が悪くなるし、腰に負担がかかるため、立っていても姿勢が前屈みになってしまいます。全体的に動きが鈍くなることでよけに腰痛を引き起こす原因にもなってしまいます。

以前は、毎朝の体操が効いていて、そこまでお腹周りの贅肉が気になることはなかったのです。それに、毎日の生活で意識していたので、夜遅くのつまみ食いは控えていたのですが、ついそれらのすべてをサボるようになってしまいました。そうすると、簡単にお腹周りの贅肉はどんどんと成長してしまったのです。

ダイエット開始

これではいけないと反省し、お腹周りのダイエットを始めることを決心したのです。まずはやり、心に決めたことは、夕食後のつまみ食いをやめることです。夕食を終えてから、私はいろいろと自宅での作業をしながら、本を読みながら…と、夜寝る前までにワインや焼酎を飲んでいることが多いのです。

グラス1~2杯程度ですが、それが一日のリラックスタイムです。それだけならまだしも、チーズをつまんだり、おせんべいをつまんだり…、恐ろしくて以前はしていなかったことを最近はしていたのです。まず、これはやめました。
ワインをグラス1杯飲むだけはやめていませんが(;^_^A

そして、できるだけ朝、出来ない日は夜に、以前は毎日やっていた体操を30分程度、再開しました。そのときに加えたのが、腰に負担をかけないやりかたの腹筋です。これはピラティスのようなやりかたで、お腹周りにぐっと力を入れるだけですが、インナーマッスルを少しずつでも確実に刺激して鍛えていきます。

次に漢方の防風通聖散を一日2回だけとり始めました。これは主に、便秘を解消する効果は抜群です。ただこれに関しては、気長に何年も続けるようなつもりで、自分に合えばとることはおすすめです。便秘がある方はまず、お腹の贅肉は取れにくいと思うからです。

そして、お腹周りの皮内鍼を行います。本来は鍼灸院の指導が必要なので通院してみることがおすすめです。私は何度も鍼灸院で指導をしてもらっているので、今回は自分で皮内鍼を、正しい位置に鍼をすることができます。おへそ周りにいくつもあるツボに皮内鍼をはりますが、気海、関元、大巨、水分などです。

効果

これらはむくみ解消、デトックスのツボなのです。皮内鍼をはることが難しければ、気持ちが良い程度にマッサージすることも効果大です。そして同時に両足の内側、くるぶしの上あたりにある山陰交もマッサージするとむくみ解消効果大です。

日常的な食事もけして満腹食べることはやめ、野菜やお豆腐などをたっぷりととり、外出時もできるだけ歩くようにしたりと活動的になることは必須です。腹筋をしていることで、まず身体の筋肉がきゅっと起きてくるので、日常的な動きも燃焼へとつながることが実感できます。

夜遅い時間に食べたりしていないだけでも、翌朝にすっきりとしてくるし、ツボのマッサージのおかげで確実にむくみが解消されます。循環がよくなってくると、怠惰に固まっていたお腹の周りの贅肉がすぐにすっきりとしてきます。

お腹がぺったんこになるまで痩せるには、これをずっと続けていくことです。3週間だけ、という意識では、すぐにもとに戻ってしまいます。私は1ヶ月目ですが、腰への負担がすぐになくなってきたことを実感しています。

きつくなってきてしまったズボンをわざと日常的にはいていますが、こえがまた効果があるのです。きついからたくさん食べなくなるし、きついと罪悪感があるので、はやく余裕になりたいという意識が常にめばえるのです。1ヶ月でズボンはすっとはけるようになりました。お腹まわりのダイエットは、自分の意識をかえることと、固い決意で決めたことを気長に続けていくことが第一だと感じました。