男と女のお腹痩せダイエット奮戦記

無理なくお腹痩せを実現し、理想のスタイルを目指しましょう♪

【ダイエットの基本は運動と食事に気をつけるだけ】

25歳のフリーランスの女性です。

もともと身長が160cmに対して、5年ほど前は体重が57kgありました。顔はパンパン、お腹は二・三重腹、脚は常に浮腫んでいて太かったです。食生活に関しても大学生であった為、友達と外出したりお酒を飲むことも多く、今思うと間食してばかりでした。

そして、学生時代は運動をしていた為、割と筋肉もついている方だと思い込んでいました。その為、筋トレをしたら余計に太くなってしまうのではないかと思い筋トレも一切していませんでした。

最初のダイエット

しかし、当時20歳であった私は自分の成人式の写真を見て、自分の醜さを痛感したためダイエットをスタートさせました。ダイエット方法は、はじめは勉強不足であったため、ただ食べる量を減らすという方法を選択しました。しかし、一時期我慢は出来ても我慢している分、食べたい衝動に駆られ、夜に家族が寝静まったタイミングでお菓子などを食べるようになってしまいました。

そして、一時期は3kgくらい減った体重も一気に戻ってしまい、またやる気を無くしてしまいました。しかし、体調を崩したことがきっかけで体重がまた減り、もう一度ダイエットを頑張ってみたいと思いました。そのようなことがきっかけで再開したダイエットでしたが、次はしっかり運動も心がけることにしました。

リバウンド後のダイエット

主な内容は、数種類の筋トレ(お腹や脚を鍛えるもの)、毎日30分程度のウォーキング、毎日10分のフラフープです。この運動に加え、食事もきにしました。しかし、リバウンドした時の失敗を踏まえ、カロリー計算ばかりするのではなく、栄養バランスを考えた食事を心がけりようになったのです。栄養に関する知識は家庭科の授業でしか習ったことがなかった為、自分で調べたり、テキストを買ってべたりして勉強をしました。栄養に関することが理解できてくると、食事も楽しく摂取することができました。

また、運動については気になるところへアプローチをかけるようなものを心がけました。脚が一番のコンプレックスはウォーキングに加え、マッサージをお風呂に入ったときにかならするようにしました。マッサージは浮腫みに大変効果が感じられました。それまでは、浮腫みがすごく、今思うと浮腫みによって脚が像のように太くなってしまっていたのだとわかります。

あとは、10分のフラフープも継続すると効果を感じることができました。ウエストは5cm近く落ち、くびれもしっかりあるとわかるくらいにまで成長しました。そして小さな増減はありましたが3年で47kgにまで落ち、ピークだった時代から10kgも落ちていました。

ダイエットの極意

ダイエットに取り組んで学んだことは、「食事制限だけで」「この運動を毎日するだけで」というような謳い文句をよく聞きますが、食事も運動も両方取り組まないとダイエットをするのは難しいということです。

昔筋肉をつけたからと筋トレはしていませんでしたが、筋肉は鍛えないと衰えないですし、ないと脂肪が燃焼されないので、毎日もしくは2日に1回からの筋トレも必要だと感じました。ダイエットに成功してからは、異性の態度もこれまでより優しく感じますし、「細いね」といままで言われたことのない言葉を言って貰えるので本当に痩せてよかったと思います。