男と女のお腹痩せダイエット奮戦記

無理なくお腹痩せを実現し、理想のスタイルを目指しましょう♪

【運動無し!意識するだけお腹痩せチャレンジ】

ダイエットのきっかけ

一日中座り仕事で運動を全くしないOLの私が、代謝も完全に落ちてきた当時35歳だった頃に試した方法をお伝えします。

当時、一日8時間座りっぱなし、運動といえば通勤時のわずかな移動だけ。という生活を長年続け、増えた体重も昔なら少しの食事制限で戻せたものが、代謝の落ちた今やどうあがいてもお腹周りは増える一方。にもかかわらずどうしても運動は苦手で続かない…。

そんな怠け者の出口の無い不毛な悩みを抱え、何か画期的で楽な方法は無いだろうかと悶々としていたある日、テレビでとあるタレントが放った「姿勢を正しく1日キープするだけで、運動なんてわざわざしなくても美ボディは作れるの」という言葉をきっかけに、運動無しで姿勢とお腹周りを意識するのみでシェイプアップする、という決心をしたのがきっかけでした。

ダイエットスタート

翌日から早速実践、通勤から勤務中、帰宅して寝るまで常に姿勢を意識!…するはずが、普段全く動かない自分にとっては姿勢をキープするというだけでかなりの負荷があり、またやはり無意識だったり仕事に集中したりすると、気付けばどうしても姿勢は崩れてしまっていて、初日からしてキープ完遂できずのスタートとなってしまいました。

そこで私が考えたのが、意識し続けられないのなら、意識せずにはいられない状態を作ればいいのだ。ということで翌日より実践したのが、「姿勢とお腹の引き締めを意識した状態でお腹へ直接ベルトを巻く」という方法でした。

これにより、少しでも気を抜くとベルトがお腹に食い込むというシステムが出来上がり、強制的に姿勢を保ち続けなければならない修行のような追い込みを自身にかけることができました。以降、来る日も来る日もベルトを巻き続け、姿勢を意識し続け一月。

ダイエットの進展

流石に明らかな運動をしているわけでは無いので見た目などに劇的な変化はなかったものの、着実にお腹の中の筋肉レベルでは何かが改革されていっている感覚を感じ取れるようになっていました。姿勢についても、元々はかなりの猫背であった私にすれば、かなり改善されている手応えがありました。

また、姿勢を意識することで予期せぬ効果として、手や足元の動きなども美しさを意識するようになるという副産物もありました。そして「このまま継続していけば確実に目に見える
成果が得られるに違いない!」と確信し始めた頃、季節は汗ばむ陽気が続く日々となり、1日の中でたまに気を緩めた際にベルトが食い込む箇所が、悲しいことにかぶれるという事態が発生してしまいました。

これには対処のしようが無く、泣く泣くベルト作戦は終了となってしまったのですが、縛りつけるものを取り払っても、意識づけた筋肉はきちんと習慣として姿勢を保とうとするように調教されており、しばらくはベルト無しでも変わらず意識し続けることができていました。

それから数年、気づけばすっかりそんな意識も姿勢もうっかり忘れてしまっていたのですが、今改めてこの自身の挑戦を思い出し、再度取り組んでみようかとまた思い始めました。
実体験として着実に成果があらわれる方法なので、ぜひ興味本位でも一度お試しをおすすめします。