男と女のお腹痩せダイエット奮戦記

無理なくお腹痩せを実現し、理想のスタイルを目指しましょう♪

【お腹ダイエットのコツ】

捻りダイエットやりすぎて

私の年齢は33歳で性別は男性、職業はwebクリエイターの仕事をしています。私の体系はダイエットを始める前はお腹周りに贅肉があり太っていました。普通の成人男性の体重より10キロ強重いと言った所です。

私は、いくつかのダイエットをしましたが、お腹回りの筋肉を落とすには共通してあることをすればやせられるという結果に至りました。それはお腹周りを捻り負荷をかける運動です。人間、筋肉を付ける際に筋肉を付けたい箇所に負荷をかけますよね。それをお腹周りに負荷をかけてあげれば自然と痩せられると言う原理です。

でも、この痩せ方には欠点がありまして、まずやっていることがものすごく地味である点と、なれないうちに張り切ってねじり運動をすると筋肉が吊ったりしてしまいものすごく痛いのです。ダイエット当時の、私はこのねじり運動の際に筋肉を釣り、3日間激痛に苦しみました。

カロリーを計算

まあ、当たり前と言えば当たり前の結果です。普段、使用していない筋肉をいきなり使った訳ですから、筋肉の筋を痛めたりするのは当然だったと思います。ちなみにこのお腹周りを捻じる運動は、脂肪の燃焼を助けるサプリメントを飲んでやるとさらに効果的に痩せることができますが、ものすごく体が熱くなるので夏場は止めておいた方がいいです。

脱水症になるかもしれませんよ。ねじり運動は左右交互に行いできるだけ捻じれを維持しつつ捻じります。ですが、捻じり運動だけではダイエットとしての効果は薄く、食生活を変えなければ太り続けるでしょう。特に私の仕事は座り仕事なので特に運動不足になり、食事に関してもそんなに食べる必要はないのに食べてしまい、太ったりしていました。

ですので、食べた物のカロリーが最近では書いてあるのでカロリーをメモ帳に控えながら適度なカロリーを摂取するように心がければお腹回りに脂肪がつきにくくなります。様はカロリーの摂取してよい平均値を計算してそれ以上食べないようにすれば脂肪はつきにくいであろうという考えです。

結果は必ず出ます

実際、私の場合はカロリーオーバーだったので太る原因の一つであったと言えます。ちなみに、人間は一番太りやすい箇所が腹周りで、次に内臓で、一番脂肪を落としにくいのも腹回りです。内臓は少しの運動でも脂肪が燃焼し比較的に痩せやすいとされています。根拠はテレビ番組の試してガッテンで言っていました。

ダイエットをしていた当時の私からするとキチンと捻じり運動と、カロリー計算をすれば6ヶ月もあれば3キロないし5キロ位は痩せられました。多分、ダイエットに失敗している人は食事のカロリーが多いのだと思います。よく、食事制限のないダイエットがありますがあれは、ものすごくきつい運動を後からするので食事を取りたいという気持ちがなくなるのが普通なのですが、それでも食べる人がいるとすると真剣にやっていないのが現状でしょうね。

私はそんなに苦しいことはダイエットでしていませんし、カロリー計算も最初は面倒に思いましたが慣れれば簡単ですよ。ダイエットをした結果痩せれましたし、特に苦労したこととい言えば、最初に張り切りすぎて筋肉を吊ったくらいですから特に難しいと感じることはありませんでしたよ。コツは食事のカロリー計算をしっかりすることと、捻じり運動の際最初は張り切りすぎないことくらいですかね。