男と女のお腹痩せダイエット奮戦記

無理なくお腹痩せを実現し、理想のスタイルを目指しましょう♪

【ぽっこりお腹とおさらば!私が挑戦した”自重トレーニング”】

「ぽっこりお腹」…これがここ数年の悩みでした。

だらんとだらしない下っ腹、椅子に座るとできる三段腹…洋服を着ていてもわかってしまうぽっこりお腹。「なんとかしたい!」と思って決意したのは新しい職場に就職が決まった時。現在は事務職で働いています、24歳女です。若い時からぽっちゃり体系ではあったけど、こんなにお腹は出ていませんでした。

でも、大人になってわかったお酒の味。いろいろなお付き合いでお酒を飲む機会が増え、気がついたらこんなお腹に。まだ20代前半なのに、まるでおばさんのようなお腹になっていました。ここまでになってしまったことを後悔し、ある日決意をします。「このままじゃだめだ、痩せなきゃ」

今思えば新しい職場の影響も大きかったかも。前の職場だと制服があって、そこまで見た目に気を使っていませんでした。だけども今までの会社を辞め、新しく就職した職場は私服オッケーなところ。周りの先輩方のオフィスカジュアルな着こなしがおしゃれなこと…私は密かに憧れました。

自重トレーニング

なので、決意を固めるまでにはそんなに時間はかかりませんでした。まず手始めに、ネットでいろいろなダイエット方法を調べつくしました。最近人気の糖質制限や、いろいろな〇〇ダイエット、芸能人が成功したというダイエット方法などなど。調べつくした結果、最近では”筋トレ女子”なるものがあることを知り、私も筋トレに挑戦してみることにしました。

筋トレというと、フィットネスジムに通わないといけないイメージがあります。私もそうでした。ジムというと、マッチョな男の人が通うイメージで、私には足の運びづらい場所でした。なので、私が実践したのは”自重トレーニング”です。言葉の通り、自分の体重の重みを利用してトレーニングをするというものです。自重トレーニングで一番代表的なものの例が、腕立て伏せです。自分の体重を腕で持ち上げることによって胸や背中の筋肉を鍛えることができます。

スクワッド

私が一番行っていたトレーニングーーそれはずばりスクワッドです。腹筋なのにスクワッド?と思うかもしれませんが、これがすごく重要なのです。下半身というのは大きな筋肉が集まっているところなので、そこを刺激してあげることで体全体のエネルギーを使おうとします。なので下半身だけでなく上半身も一緒に痩せれる、という寸法なのです。

実際、海外では30日スクワッドチャレンジというダイエット方法もあるくらい、ダイエットには有効なトレーニングなのです。私はこのスクワッドを、1日15回、2セットずつ行っていました。もちろん、今日はイケそうだな、なんて日はもう1セット増やして行ったりもしていました。

今もまだこのスクワッド、継続中なんですが、少し効果あったかな?と思うところがあります。それは、以前よりパンツのサイズがワンランクダウンしたこと。あまり自分では見た目の変化に気づいていませんでしたが、洋服を購入しに行って、試着をしたところ、ワンランク下のサイズでもウエストがすんなりと入ったのです!

これは自分でも驚きでしたし、すごく嬉しかったところです。このまま続けて、必ずぽっこりお腹とはおさらばしたいと思います。