男と女のお腹痩せダイエット奮戦記

無理なくお腹痩せを実現し、理想のスタイルを目指しましょう♪

【お腹周りのダイエットに取り組んだこと。】

太る食事が大好き!

年齢は36歳職業はパート主婦です。性別は女性です。ダイエット始める前の状態は私はファーストフードやお菓子が大好きで太る素を食べているようなそんな感じの生活をしていました。子供には野菜中心に食べさせているのに私は実際の所は食べていませんでした。

脂っこい食事が好きで焼き肉やハンバーグステーキ等は大好物です。実際に取り組んだメニューは和食中心の食事に変えました。なぜ私が和食にした色中心の食事にしたかと言いますと子供の保護者会に行った時にお母さん達が皆さんスリムでお腹周りなど全然脂肪がついてなかったです。

私もこれではいけないと思い一大決心しました。私は1回やると決めたらやるタイムで最後まで諦めないタイプです。今までファーストフードやお菓子が大好きでしたけど突然和食にしたので体がびっくりしているんだと思います。それは無性におやつやファーストフードが食べたくなるからです。

フラフープとスルメ

それでもそこをぐっと押さえるとだんだん食べたくなくなってきます。それが成功への道だと思います。私が行った運動はフラフープです。家事の合間や気がついた時にフラフープを必ずやっています。フラフープは全身運動ですお腹周りだけでなく全体的に体も細くなってきます。私はテレビなどを見ている時も必ずフラフープを使っています。

フラフープを始めて1ヵ月ぐらいになりますがだいぶお腹周りや腰の周りが細くなってきました。そして体全体も細くなってきました。フラフープが前進運動だと言う事が大変良く分かりました。以前までは間食におやつを食べていたのですが今はおやつも食べていません。おやつを食べたいなぁと思った時は冷たいお茶を飲んでいます。

そしてさらにどうしてもお菓子が食べたいと思った時はスルメを食べて我慢しています。スルメを食べる事で満腹中枢が刺激されてお腹いっぱいになるのです。するめはすごいと思います噛む力も噛む事でお腹いっぱいになりますしするめの効果で大満足です。

自分より娘のために

私が今回ダイエットに取り組んだ感想は今までの食生活が悪かった事を反省しました。今は引き締めてダイエットに取り組んでいますが時々甘いものやポテトチップスなどのしょっぱいお菓子が無性に食べたくなる時があるのですが子供の事を思って頑張っています。

母親が太っていると子供がかわいそうだと思います。私はそれほど太ってる方では無いのですが痩せているお母さんから見ると普通より太っている方だと思います。母親というのは子供の為に頑張ろうと思います。次回保護者会がある際は普通位の体型のお母さんになれるようにしたいと思っています。それでも子供が私の近くでおやつを食べていると羨ましくなってしまうのが現実です。