男と女のお腹痩せダイエット奮戦記

無理なくお腹痩せを実現し、理想のスタイルを目指しましょう♪

【モテたいためのダイエット】

14才でモテに目覚める

世の中には様々なダイエット方法が溢れています。その中には良いものから悪いものまで様々です。そして、健康的に痩せるには運動は必須要素になります。どんなに食べてもそれを上回る運動を行えば、痩せることが可能なのです。

当時14歳の私は中学生でテニス部に所属して居ました。中学に入る前は別段運動はしていない、痩せた子供でした。ただ体を動かすことが好きで、外で友達とキャッチボールをしたり、ドッジボールをしたりする子供でした。

食べることも大好きで、ご飯はいつも大盛りでした。そんな私は中学生になり、テニス部に所属します。週6日テニスをする運動漬けの毎日でした。中学に入り、女子を意識し始めた私はモテるために腹筋を割りたいと考え、部活動のテニス+腹筋を毎日行いました。

バイシクルクランチを始める

回数は自分のその日の限界まで行っていました。これほどの運動を行なっていた私ですが、食事内容は酷かったものです。朝食、昼食、夕食ともに大盛りのご飯を2杯食べ、1.5ℓのジュースを1日で2本飲んだり、お菓子を1日にたくさん食べたりなど・・まぁ、めちゃくちゃな食生活をおくっていました。

こんなめちゃくちゃな食生活をおくっていた私ですが、毎日のトレーニングのかいあってか、太るどころか腹筋を割ることに成功します。さて、そのトレーニング内容ですが私は一つのものをひたすらやっていました。バイシクルクランチです。

自重を使ったトレーニングですが、効果も負荷も絶大です。動作自体は難しいものではないのですが、意外に負荷の掛かる運動なのでこれまでに運動をしてこなかった人は、回数をこなすのは難しいかもしれません。

この運動の良い所は、複数の箇所を同時に鍛えることが出来るという点です。1つは腹直筋、もう1つは腹斜筋です。この運動1つで腹筋を割りながら、くびれをつくることも可能なエクササイズとなっています。

私はこのバイシクルクランチをその日の自分の限界まで行いました。回数はまちまちでしたが、部活をして疲れて帰ってくる分回数はそこまで多くありません。基本的には15回×3セット行っていました。

一か月で腹筋が割れました!

大体1月ぐらいで、腹筋は割れました。お腹痩せを目指すにはには腹筋運動は重要になってくると思います。私は腹筋を割りたいという思いで腹筋運動をひとつ日々の生活に加えましたが、食生活も変えておけばもっと効率よく腹筋を割ることができたと思いす。

ダイエット・トレーニングをする際は自分がどうなりたいか目標を定めて、それをどのように達成していくか計画を立てて実行することが、とても大事だと自分の腹筋割り計画を見直して思いました。