男と女のお腹痩せダイエット奮戦記

無理なくお腹痩せを実現し、理想のスタイルを目指しましょう♪

【リバウンドなしのダイエット】

お前、太ったなぁ

性別:男性 身長:170センチ 体格:中肉中背。10年ほど前の30代半ばのころ、まったく運動もせず食べる量も20代の頃と同じ食生活を送っていました。食生活は朝、昼、晩と正しく食べていました。

朝食は基本的にパン、昼は麺類やご飯類、夜は2品以上のおかずにご飯と味噌汁といった感じでしたが、アルコールは特に飲むほうではなく喫煙もありませんでした。睡眠時間も1日7時間から8時間で夜12時ごろに就寝し、比較的規則正しい生活を送っていましたが、仕事によるストレスは多少あったと思います。

仕事は自営業のデスクワークで朝9時から夕方6時頃で月〜金まで。残業は2〜3日程度、その日の業務の見直しを夜の時間帯に実施していた程度です。ダイエットをしようと決意したきっかけは友人の結婚式に出席した際、久しぶりに会った友人が言った「お前、太ったなぁ」の一言と、結婚式に自分が着用した礼服がピチピチになっていたという理由からです。

ダイエットを決意

翌日、自分の体重を測ったら以前よりも15キロ以上太っていたことがわかり、さらにショックを受けました。食事を減らさなかったことと運動をしなかったことで体重が15キロ近くも増えてしまった原因だと思っています。日頃、体重を計る習慣がなく体重が少しずつ増えていくのを自分ではわかっていませんでした。

お風呂に入ったときにもお腹周りを見ましたが、そのときはとくに「太ったかな?」と思った程度で特に気にしていませんでした。結婚式での一件後、すぐにダイエットを始めたいと思いましたがその方法がわからなかったので、いくつかダイエットに関する本を購入し、その中から無理なく続けられそうな方法を選びました。

選んだダイエットは「筋トレ」と「水泳」

通常、ダイエットをする場合、食事制限をすると思いますが食べることが好きなため食事制限はしないでダイエットをすることに決めました。そのダイエット方法ですが「筋トレ」と「水泳」です。

運動は「ランニング」「ウォーキング」「ジョギング」などいくつかの方法を試した結果、長く続けられそうな水泳に落ち着きました。お腹痩せをするためには脂肪を効率よく落とす必要があると思い、そのために「筋肉をつけること」と「脂肪を燃やすこと」の二つに焦点を絞りました。

筋トレは本を参考にし「スロー」と「クイック」のメニューの2つを使いました。スローは筋肉に軽い負荷をかけ続けながらゆっくり動かして筋力を高めていく方法です。クイックは素早い動作で筋肉に負荷をかけ、筋肉に少し大きなダメージを与えることでより大きな筋力にしていくという方法です。

筋トレは筋肉痛の回復を待った感じで2日か3日に1回。水泳は週に2〜3回程度実施しました。ダイエットを始めてから3ヶ月近くはまったく変化がありませんでした。ただ、最初から1年以上をかけてダイエットしていこうと思っていたのでそれほどあせりはありませんでした。

長期ダイエットか短期ダイエットか

変化は3ヶ月以降から起きました。半年後には体重が5キロ近くやせ、1年後には10キロ、1年半後には13キロまで痩せることに成功していました。その後、リバウンドもなく生活しています。ダイエットに取り組んだ感想は長期で実施したことが功を奏したと思っています。

15キロを仮に3ヶ月で落とそうと思ったら出来ないことはないと思いますが、とてもたいへんで無理になってしまい続かなかったり仮にダイエットに成功できたとしてもリバウンドで体重が元に戻っていた可能性もあるからです。